咬合印象法の準備と手順


【2021年7月17日 8:00 PM更新】


咬合印象法の特徴

3in1トレーと呼ばれる特殊なトレーとシリコン印象材を使用する。

上下顎を同時に採得できるので印象材の練和〜トレーの撤去まで5分程度で終了できる。

石膏の注入をラボに依頼できるので診療室の省力化につながる。

 

 

咬合印象法のメリット

・印象に関わる業務のすべてが5分以内に完了する

・予防業務以外の作業の省力化

・調整時間も短くなり、技工所の技術を正確に評価できる

・石膏注入に関わるエラーから開放される

・熟練したスタッフが不要:練和が容易、石膏注入不要

・技工所に外注する際、石膏の硬化を待つ必要がない

・印象材硬化を待つ時間は最短で3分

・スタッフが技工室から出てくるのを待つストレスから解放される

・硬化した印象材の消毒が容易

・セットが終わったらトレーを廃棄して終わり(印象材の撤去・洗浄も不要)

・患者さんが楽:上下一回で採れる、閉口状態、起こしておけるので「もう、終わったのですか?」と喜ばれる

 

咬合印象法の準備

 

□患者さんのレントゲンを出す

 

□使用するシリコン印象材のカートリッジの中身、残量を確認する

 

□ライトボディのカートリッジをディスペンサーにつけた状態でワゴン上へ

 

□3in1トレーの選択

 片顎(臼歯部用)、前歯部用どちらを使うか確認

 

 

□自動練和機を使う場合、練和機とチップを出す

       使わない場合手用ディスペンサーチップ用意

 

 トレー用の印象材は自動練和機を使うか手用のディスペンサーを使うか確認

 

 

 

 

咬合印象法の手順

 

1.ウォッシュタイプの印象材で支台歯の周囲をマージン部まで覆う

2.両面に印象材を盛り付けた3in1トレーを噛んでもらう

3.硬化を待つ間に唾液が溜まるので、水平位ではなく座位にする

4.硬化したら、患者さんに開口してもらえばトレーは簡単に外れる

 

 

※咬合印象法のマニュアルをご覧になりたい方は、Lineで「咬合印象法マニュアル希望」とメッセージをお送りください

(歯科医師限定とさせていただきます)

 

 

上のボタンをクリックして、メッセージをお送りください

 





前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療の準備と進め方】の関連記事




新着記事


アーカイブ