エアフロー(ハンディジェット)のマニュアルです(新人歯科衛生士 N美)


【2020年5月25日 12:54 PM更新】


新人歯科衛生士のN美です。

 

エアフローはグリシン、エリスリトール、重曹等の薬剤を水と空気のスブレーで歯面に吹き付けて清掃する機械です。

 

基本的に歯質よりも柔らかい薬剤を使用しますので、歯の表面を傷つけずにバイオフィルムや着色を除去できます。

 

今回は、エアフローの準備から実際の施術までをマニュアルにまとめてみました。

 

【準備物】

・基本セット
・排唾管
・唇を保護するためのワセリン(ロールワッテにつけておくと唇に塗りやすい)
・顔にかけるタオル

 

 

【術前の注意点】

・呼吸器系の疾患がある人はムセやすかったりするため、最初に呼吸器系の疾患がないか確認する。

・ジェットの効果について説明する。
・プラスパウダーは主成分がエリトリトール(代用甘味料)で、歯垢を分解しやすくする、口内細菌の活動を弱める、歯垢形成を抑制する、歯垢の結合を緩める効果がある。
・歯肉の引き締め効果があるため、出血が減る。
・継続することで着色が付きにくくなる。
・歯の表面を傷つけず、歯面をツルツルに。

・患者さんの顔にタオルをかける。

 

 

・唇を保護するため、ワセリンを唇の内側に塗る。

・舌にガーゼを置くかどうか患者さんに希望を確認。

・口腔内で使用する前に、バキュームとジェットを持ち、バキュームに向かってジェットを噴射させ、水が出るまでフットペダルを踏む。

 

・水が出たのを確認してから口腔内で使用する。

 

 

 

【施術】

・歯面にあてるときは、くるくる円を描くように動かしながらあてる。
・ノズルは切端方向に向け、気腫の発生を防ぐため歯肉溝には向けない。

・歯肉からは3~5㎜離して、歯面に対して30~60°の角度をつける
・ジェットの先端を歯面に近づけるほど着色は取れやすいが、痛みを感じさせやすくなってしまうため注意。

・ジェットと対角にバキュームを置く。

・最後臼歯の遠心はミラーを使うと良い。

 

・少しかけてみてから、痛みがないか確認する。

・ジェットをかけ終わったらうがいしてもらう。

・食事はジェットをかけた直後から可能。

 

エアフローマニュアルのダウンロード

 

レモン味のエアフローを試してみました

 

 





前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新人歯科衛生士の研修】の関連記事




新着記事


アーカイブ