保険診療のP処置の流れについて


【2021年8月21日 7:14 AM更新】


代診のDr.等に保険診療をお願いしたら

請求のルールを正確に守ってもらえると

助かりますね。

 

クラウンの脱離等で来院された患者さんは

早めの修復を希望される方がほとんどです。

 

しかし、注意すべき点がありますね。

 

代診の先生は患者さんのためを思って

初診時にPZ、印象を行うことがあります。

 

しかし、歯冠形成が終わってから

患者さんがP治療を希望された場合

同一初診内では対応できません。

 

大学では、P治療の保険請求について

詳しく教わらないようです。

 

ある意味、仕方ないのかも知れません。

 

でも、P治療は年単位で続くことが

珍しくないので、請求の間違いは

避けて欲しいと思います。

 

特に、連月の返戻は勘弁して欲しいです。

 

そこで、歯冠修復と歯周治療を

並行して進める場合の注意事項を

院内で周知するようにしています。

 

・修復物がクラウンの場合は、再評価検査で歯周組織の改善を確認してからPZを算定する

(逆に言えば、PZを算定した後は支台歯のP処置が算定できなくなってしまう)

 

・う蝕即時、インレー修復の場合は、このような縛りはない

 

※地域によって算定ルールに違いがあるので要注意

 

他にも、SRPあるいはPcurを行う前に

二回目の歯周検査で再評価が必要、

なども理解されていないようです。

 

主訴は早めに解決したいところですが

後で保険請求に支障を来たさないように

P治療を進めていただきたいですね。

 

 

歯周病の診断と治療に関する基本的な考え方-日本歯科医学会-より

 

歯科医師 求人募集要項(週休3日制、年間休日170日以上)





前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療の準備と進め方】の関連記事




新着記事


アーカイブ