PMTCの練習からわかったこと


【2020年5月10日 10:38 AM更新】


お元気ですか?新人歯科衛生士のN美です。

 

今回は、PMTCを練習する際に勉強したこと、

身についたことをご紹介します。

 

●PMTCを行う目的・意義

 

・患者さんががセルフケアではプラークを落とすことが難しい、

最後方臼歯遠心や歯間部、歯頚部、口蓋・舌側、

歯肉縁下1mm程度のプラークを除去すること。

 

・PMTCを行いながらプラークの付着部位を把握したうえで、

その部位の磨き方や清掃用具について提案し、

セルフケアに取り入れてもらうことで

う蝕や歯周病のリスクを軽減すること。

 

●確実にPMTCができるように

一回PMTCを行ってから、患者さんのお口の中を

プラークの染め出しをした写真です

 

PMTCって難しい、と思い知らされました。

 

 

 

 

・歯面のカーブに合わせながらラバーカップをあてているつもりでも、

歯頚部や歯間部のプラークが除去できていなかったのです。

・自分ではPMTCができたと思っていても、目に見えないだけで、

プラークが取り切れてないことを実感しました、、、

 

どうすれば、プラークを残さずにPMTCできますか?

 

・PMTCを始める前に、探針でプラークの付着の程度や、

付着しているプラークの質(厚み、硬さなど)を把握します。

・プラークの付着の程度を把握したうえで、

できるだけ歯面を傷つけないように考えてペーストを選択したり、

歯面にラバーカップを押し当てる力をコントロールしたり、

ハンドピースの回転数を調節したりします。

・歯冠の近心・中央・遠心に合わせて、

ラバーカップを当てる角度を変えていきます。

・臼歯部、特に大臼歯は歯冠に膨隆があるため、

ラバーカップを下からあてるイメージで

歯頚部のプラークを除去するように気を付けます。

・付着しているプラークが厚い場合には、

先端をブラシに変えるのも有効です。

・上顎の最後方臼歯の遠心面は、

口蓋側からのほうがアプローチしやすいですね。

 

・右側の歯列を磨く時には患者さんの顔を右に、

左側の時には顔を左に向けてもらうと見やすかったです。

・慣れないとプラークの磨き残しには気づけない

ということを常に意識するようになりました。

・PMTCからフロスまで一通り終わったら、

プラークの取り残しがないか?

探針を使って確認するようにしましょう。

特に、最後方臼歯の遠心は要注意です!

 

●患者さんへの配慮と自分の負担軽減

 

・唾液がのどにたまると苦しいのでこまめにバキュームを行う。

・顎がだるくなるので、途中で口を休めていただきます。

・何か不快感があったら伝えてもらうように、

はじめに患者さんに声かけをするのが大切です。

・自分が見やすいよう、適宜患者さんに顔の向きを変えてもらう。

・ユニットの高さ、背もたれの角度が自分に合うように調節する。

 

●ハンドピース以外の注意点

 

ハンドピースの操作は模型で慣れてから

先輩のお口を借りて練習させていただきました。

 

うまくラバーカップが歯面に当たらない場所は

力が入りすぎてしまうことがありましたが

徐々にコツがつかめてきたと思います。

 

特に、大臼歯を磨く時には視野を確保するのに

デンタルミラーで頬粘膜を排除する必要があります。

 

ここで見やすくするために余計な力を入れすぎたり、

ミラーで歯肉を押したりすると

患者さんに痛みを与えるかも知れません。

 

患者さんの代わりに練習させていただいた先輩から

「ミラーの使い方に気を付けているみたいで

頬粘膜や歯肉が痛むことがなくて上手だね。」

とほめてもらえて嬉しかったです!

 

今後も、患者さんに不快な思いをさせないように

気を付けてスキルアップしていきたいと思います。

 

 





前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新人歯科衛生士の研修】の関連記事




新着記事


アーカイブ